MOTOが今オススメするゲーム3選[PR]
ゲーム名
崩壊:スターレイル ドット勇者 獅子の如く
ジャンル ファンタジーRPG 放置系冒険RPG 戦国シミュレーション
インストール

 

天地英雄伝(天地英傑伝)

「天地英雄伝」第六章#1 建業城内、薛綜戦(五人の文臣)攻略レポート、どうやって勝った?

ここでは「天地英雄伝」第六章における
建業城内、薛綜戦(五人の文臣)攻略レポートをどう戦ったのか?

というテーマでの私の体験記をお届けします。

曹操と戦うために呉の孫権と同盟を組むことを提案する諸葛亮

諸葛亮は呉の重臣である魯粛と話し合い
直接、孫権の元に説得交渉を行うため出向きます。

一方、呉国内では強大な力を持つ曹操を相手に
降伏するべきか、戦うべきか、意見が真っ二つに割れ収集がつきません。

そんな中、諸葛亮は孫権を挑発しながらも戦う方へと誘導していきます。

戦う方へ誘導する中で邪魔となるのは降伏論を唱える五人の文臣
(張昭、薛綜)

諸葛亮はそれぞれの文臣に討論を挑み、バトルと行います。

果たして諸葛亮は文臣5人を説得出来るのか??

五人の文臣の一人、薛綜戦のレポートです。

その他の文臣については以下にてバトルをまとめています。

建業城内、張昭戦攻略レポート
建業城内、薛綜戦攻略レポート
建業城内、陸績戦攻略レポート
建業城内、虞翻戦攻略レポート
建業城内、厳畯戦攻略レポート

何かの参考になれば幸いです。

(前ボス)第五章#11、荊州(平野)の蔡瑁戦攻略レポート
(次ボス)第六章#2 建業城内、陸績戦(五人の文臣)攻略レポート

その他の攻略情報については以下をご覧下さい。

(参考)「天地英雄伝」攻略法(シナリオ・仲間・操作方法など)をまとめ

 

 

「天地英雄伝」第五章、建業城内、薛綜戦攻略

私の陣容(レベル・計略・戦玉)

レベルは以下の通りです。

主人公 レベル60
関 羽 レベル57
張 飛 レベル57
劉 備 レベル56
呂 布 レベル57

前回の曹仁と全く同じレベルでの戦いとなります。

 

計略は以下の通りです。

主人公 銀仙の計
関 羽 首尾攻撃
張 飛 包囲作戦
劉 備 金仙の計
呂 布 刺客の計

主人公銀仙の計、劉備に金仙の計のW回復体制での勝負です。

 

戦玉は以下の通りです(全て星5の戦玉です)

主人公 攻撃5,防御20、兵力15
関 羽 攻撃20,防御15、兵力15
張 飛 攻撃10,防御15、兵力15
劉 備 攻撃1,防御15、兵力15
呂 布 攻撃20,防御20、兵力15

こちらも曹仁戦と同じ

装備品は全員レベル40の武器・防具(星4)が中心ですが
レベル50の武器・防具(星1)も少しずつ手に入っているので
これらを装備して戦いに挑みました。

戦玉の付加スキルも掲載します。

主人公 兵力戦玉 兵力+36%
防御戦玉 反射+21%・謀略+6%
関 羽 兵力戦玉 吸血+12%、反射+7%
防御戦玉 防御+36%
攻撃戦玉 攻撃+36%、ブロック+12%
張 飛 兵力戦玉 兵力+36%
防御戦玉 防御+12%、会心+12%
攻撃戦玉 速度+2%、会心+6%
劉 備 兵力戦玉 武力+4%、兵力+12%、会心+3%
防御戦玉 速度+1%、会心ダメ+6%
呂 布 兵力戦玉 武力+2%、会心+9%
防御戦玉 防御+24%、吸血+16%
攻撃戦玉 攻撃+60%

とにかく相手の攻撃力・防御力が高いので
ここからは1戦1戦鍛えていく感じになりそうです。

陣形は「鶴翼の陣」

主人公の耐久力勝負では勝てないので
引き続き、ログインボーナスの鎧を含めての反射攻撃作戦

主人公の反射は以下の感じです

鋼兜   反射+ 5%
万獣甲  反射+27%
鋼盾   反射+ 7%
防御戦玉 反射+21%

前回同様に合計60%の反射割合での道連れ作戦

壁になって貰うと同時に相手の兵力を削る形で攻めていきます。

主人公の「銀仙の計」、劉備の「金仙の計」を回復役にして戦います。

 

建業城内、薛綜戦ダイジェスト

建業城内、薛綜戦の陣営は以下の陣容となっています。

衛兵(1列目)
衛兵(3列目)
薛綜(1列目)
衛兵(3列目)
衛兵(1列目)

薛綜以外は衛兵という事で
戦闘力以外はそれほど高くないので、かなり厄介な敵です。

戦いにあたり、気を付けた事が3つあるので、その事を載せたいと思います。

①最初のクイズの回答について
②暗殺スキルが成功しない
③薛綜を気絶させて戦う
④諸葛亮の出陣がほぼ必須
⑤最初にせきそうを倒す

①最初のクイズの回答について

戦闘に入ると最初にクイズが出題されます。
このクイズに正解すると相手にダメージが
クイズに不正解してしまうと自陣にダメージを受けてしまいます。

薛綜の最初の質問は「孔明は、曹操をどんな人物だと考える?」なので
『曹操は間違いなく逆賊である!』を選択しましょう。

次に薛綜は以下の質問を投げてくるので
「漢は代々重ねて今日に至り、もはや天数が尽きそうだ。
いま曹公殿は天下の三分の二を支配しており、人心は悉く彼に帰している。
劉豫州殿は天の時を知らずに、むりやり争おうとしておるのでは、
まさに卵をもって石を打つようなもので、敗北するのも当然ではないか」
『今の言葉は何事でござるか』を選択しましょう。

これで敵全体に約700のダメージを与える事が出来ます。

②暗殺スキルが成功しない

これは私の体験談なので、正確なことは言えませんが
暗殺スキルが成功しません
(もしかしたら成功するのかもしれませんが
私は他の文臣を含めて20回以上やりましたが1度も成功しませんでした)

敵のパーソナルスキルを見ると暗殺スキルが成功してしまうと
あまりにも敵が弱くなってしまうので
そういう仕様になっている可能性が高いです。

③薛綜を気絶させて戦う

薛綜をはじめとした5人の文臣は
体力を全回復させる「完復の計」を使ってきます。

ですので、普通に戦っていたら減らしたところに全回復
という無限ループを繰り返してしまうので勝てません。

ここで有効になるのが気絶スキルです。

5人の文臣は速度が極めて遅く
全武将の中で一番最後に行動します。

暗殺が利かない、速度が遅いという2つのキーワードから
気絶もしくは封印させてスキルを封じながら戦うという
チュートリアルが見えてきます。

④諸葛亮の出陣がほぼ必須

ここで必要になってくるのが諸葛亮の存在

諸葛亮孔明はスキル成功率が100%という特性を持っており
最初から気絶をさせる「落石の計」を身に着けています。

ですので、チュートリアルに従って戦うと
孔明が薛綜を足止めして回復を使わせない形で
武将たちを落としていくという感じになります。

⑤最初に薛綜を倒す

そして、「完復の計」を使う敵を最初に倒してしまいましょう。

計略値は回復にも使いたいので
落石スキルを使うのは少ないに越したことがないです。

ちなみに私はこのチュートリアルを知らずに孔明抜きのパーティーで
戦ってしまったので、何度も何度も回復されて
めちゃくちゃストレスが溜まりました。
(最後は関羽に気絶させてなんとか勝ちましたが)

建業城内、薛綜戦(五人の文臣)攻略の動画

 

建業城内、薛綜戦(五人の文臣)、まとめと反省

五人の文臣は完復を使ってくるので
これを凌ぐかどうかという点が焦点になります。

文臣のリーダー格である張昭はかなり強いですが
それ以外の文臣は気絶で動きを封じてしまえば
地力勝負で負ける事はないと思います。

第六章、かなり癖のあるスタートですね(苦笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です