天地英雄伝(天地英傑伝)

「天地英雄伝」第五章#2、湖東村の黄邵戦攻略レポート、どうやって勝った?

ここでは「天地英雄伝」第五章における湖東村の黄邵戦をどう戦ったのか?

というテーマでの私の体験記をお届けします。

袁紹を倒した劉備は劉表が収める荊州に身を寄せていました。

曹操からの脅威に怯え、混乱する荊州は内乱が起こり
荊州乗っ取りを目論む蔡瑁は劉備を疎ましく思う

そんな混乱に乗じて3つの村で謀反が起きます。

3つの村での謀反を鎮圧するべく劉備は出陣
そんな謀反鎮圧戦をお届けます。

何かの参考になれば幸いです。

同シナリオ、青山村の何儀戦
同シナリオ、下海村の陳孫・張武戦

(前ボス)第五章#1、下海村の陳孫・張武戦攻略レポート
(次ボス)第五章#3、青山村の何儀・何曼戦攻略レポート

「天地英雄伝」第五章、湖東村の黄邵戦攻略

私の陣容(レベル・計略・戦玉)

レベルは以下の通りです。

主人公 レベル56
関 羽 レベル55
張 飛 レベル55
劉 備 レベル55
呂 布 レベル55

第四章のラストバトルである袁紹戦と同じレベルで挑みます。

 

計略は以下の通りです。

主人公 銀仙の計
関 羽 首尾攻撃
張 飛 包囲作戦
劉 備 赤心の計
呂 布 刺客の計

 

戦玉は以下の通りです(全て星5の戦玉です)

主人公 攻撃1,防御20、兵力15
関 羽 攻撃5,防御15、兵力15
張 飛 攻撃5,防御15、兵力10
劉 備 攻撃1,防御5、兵力10
呂 布 攻撃10,防御10、兵力15

ここも袁紹戦と同じ陣営での挑戦ですね。

装備品は全員レベル40の武器・防具(星2~4)が中心ですが
主人公はログインボーナスとして貰ったレベル50の鎧(蚩尤鎧)を装備して挑みました。

戦玉の付加スキルも掲載します。

主人公 兵力戦玉 兵力+36%
防御戦玉 反射+21%・謀略+6%
関 羽 兵力戦玉 吸血+12%、反射+7%
防御戦玉 防御+36%
張 飛 兵力戦玉 武力+2%
防御戦玉 速度+1%、会心ダメ+6%
攻撃戦玉 速度+1%、会心+3%
劉 備 兵力戦玉 武力+2%
防御戦玉 会心+3%
呂 布 兵力戦玉 武力+2%、会心+9%
防御戦玉 防御+24%、吸血+8%
攻撃戦玉 攻撃+36%

戦玉も前回の袁紹戦と同様のラインナップ

しばらくはこれで頑張っていこうという感じですね。

陣形は「鶴翼の陣」

主人公の耐久力勝負では勝てないので
引き続き、ログインボーナスの鎧を含めての反射攻撃作戦

主人公の反射は以下の感じです

鋼兜   反射+ 5%
蚩尤鎧  反射+18%
鋼盾   反射+ 6%
防御戦玉 反射+21%

前回同様に合計50%の反射割合での道連れ作戦

壁になって貰うと同時に相手の兵力を削る形で攻めていきます。

主人公の「銀仙の計」、劉備の「赤心の計」を回復役にして戦います。




湖東村の黄邵戦ダイジェスト

湖東村の黄邵戦の陣営は以下の陣容となっています。

黄巾の兵士(3列目)
黄巾の兵士(2列目)
黄邵(1列目)
黄巾の兵士(2列目)
黄巾の兵士(3列目)

黄邵戦は特に注意する点はありません。

第四章の袁紹に勝てる地力があれば
ここも突破できると思いますし
3つの謀反の中でも、ここが一番楽だと思います。

安全策を取るなら刺客の計を使ってもいいと思いますが
ぶっちゃけ使わなくても勝てるレベルです。

まだ第五章も始まったばかりですからね。

最初はゆっくりといきましょう。
(ちなみに他の2つの村も普通に勝てます)

湖東村の黄邵戦の動画




湖東村の黄邵戦、まとめと反省

第五章の初戦となる3つの戦い

下海村の陳孫・張武戦
湖東村の黄邵戦
青山村の何儀・何曼戦

ここは普通に戦って大丈夫なので、シナリオを楽しみましょう。

「天地英雄伝」好きにオススメのスマホゲームはコレ

コーエーテクモが認めた革新的な三国志!

全世界で5,000万ダウンロードを突破した
三国志シリーズの頂点に立つ超人気作!!

「天地英雄伝」が好きに人はどっぷりハマれること請け合い!

慣れ親しんだゲーム性に加え、さらに進化した戦略のぶつかり合い
三国の頂点に立つべく、是非一度プレイしてみて下さい

「三國志真戦」をプレイするならココから

今、オススメのスマホゲームはコレ

コーエーテクモが認めた革新的な三国志!

全世界で5,000万ダウンロードを突破した
三国志シリーズの頂点に立つ超人気作!!

スマホゲームが好きな人はどっぷりハマれること請け合い!

慣れ親しんだゲーム性に加え、さらに進化した戦略のぶつかり合い
三国の頂点に立つべく、是非一度プレイしてみて下さい

「三國志真戦」をプレイするならココから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です